訪問介護 おせち

訪問介護でサービスに調理が入っている場合、おせち料理のお願いはよくあります。
ただし、これは特別な手間をかけた料理ということになって、日常的な生活の援助ではないので、介護保険サービスの対象ではなくなってしまうんですね。
気持ち、おせちっぽい料理を作ってあげたくなるのが人情というものですが、介護保険の監査に人情の挟まる余地はありませんので、バッサバッサと減算、返金です。

顧客の要望を満たすサービス業の精神と、介護保険制度はあいいれません。(ついでに労働基準法とも相入れません。)

で、どうすればよいかというと、記録におせち料理と書かないことです。書かなければわかりませんので。
といっても、実質的に、サービス時間が伸びるようでは、ただ働きになってしまいますので、特別調理料として別途料金をいただくか、または通販で注文して配達してもらうかです。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|