福祉車両

各メーカーより、福祉車両が多く発売されています。どの車を選べばよいのでしょうか?

福祉車両と言いましても、いろいろなタイプが有ります。

●乗り降りをサポートするもの
シートがスライドして、車外にせり出すものです。シートが車いすに早変わりするものもあります。
車高の高いワゴンタイプだと重宝するかもしれませんが、上手な介助者と、足台があれば、とくにいらないというのが私の印象です。

●車いすのまま乗車できるタイプ
車いすをご利用の方にとって、クルマの乗り降りは大変です。車いすのまま乗車できるように、スロープがついていたり、リフトが上下できるものが良いでしょう。スズキやダイハツの軽自動車が人気です。スズキはセニアカーも載せられるようになっています。トヨタのノアやボクシーなど、2台乗車可能なものもあります。
スロープは、手軽ですが、車いすをおし上げるのにコツが有ります。体重の重い人だと、大変なこともあります。
リフトは、スロープより高額になります。楽で確実ですが、機械の作動や車いすの固定にやや時間がかかります。介護タクシーはスロープ仕様が多いですね。

●ストレッチャー対応のもの
ハイエースなど、大きめのワゴン車になります。ただし、一般家庭で使うことはまずないでしょう。横になった体勢で移動する機会というのは、入院や転院の時くらいでしょうから。介護タクシーや救急車を利用することになると思います。

車を選ぶときは、軽自動車だと、車いすのサイズによっては入らなかったり、座高の高い人だと頭がつかえたりすることがありますので、実際に試乗することをおすすめします。
デモカーを置いていないことも多いですが、頼めば用意してくれるでしょう。

高齢者の場合、介護状態は変化していきます。車いすの時期がいつまで続くのかわかりませんし、お出かけが必要なときと、運転する人の都合が合うのかどうかというところも考慮して、選びましょう。
買ったはいいけど、ほとんど使わなかった、納車までに不要になった(お亡くなりになった)という話も実際に聞きます。

介護タクシーの利用も考慮に入れて考えるのが良いと思います。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|