介護サービス 利用者負担が2割に

介護サービスの利用者負担は、1割負担でしたが、2015年8月より、所得に応じて2割負担になります。

収入から控除を引いた所得が160万円以上の人が対象です。およそ5分の1の人が対象になるようです。

介護保険も財政難ですので、収入のある人は負担を不安というのは悪く無いと思うのですが、いきなり倍に上がるというのは辛いですね。

特養や老健の入所の補助も、利用者の資産によっては、補助が受けられなくなるということです。これも黙って補助を受け取っていると不正受給となって3倍返しだとか。

介護保険があるからなんとかなるわあ、と気楽に考えていると、けっこうたいへんです。老後の費用として、生活費とは別に、医療介護費用として800万円は蓄えておかないと厳しいという試算もあるようです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。