介護タクシー 開業

介護タクシーは、わりと気軽に開業する人が多いです。
低資本ではじめられるし、資格もタクシーの2種免許があればできます。運輸局の試験に合格しないといけませんが、道路交通法などの法令試験です。
難易度高くありません。

うまく言っている人は、個人経営の人が多いですね。夫婦でやっているとか、人を雇わず、ボチボチと。
年金もらいながら、という人も多いです。

長年やっていると、高齢者の病院送迎専門とか、障害者のレジャー専門とか、棲み分けが出てくるようです。
そしてタクシー業者同士で、お客を譲りあったり協力してますね。

そんなに儲かることはないので、これから一家を支えていくというような若い人にはおすすめしません。
他にも家賃収入があるとか、年金があるとか、定年退職したけどヒマなので社会貢献したいという人に向いています。

大きくやろうとすれば、介護事業の一つとして介護保険と組み合わせるやり方もありますが、収益の柱にはなりにくいです。
介護保険制度の中ではどんどん冷遇されていますので、他のサービスと組み合わせて何とか、というかんじです。

こうすると儲かるらしいです。介護タクシー開業完全マニュアル



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。